【ペットモデルお役立ち情報】熱中症~犬の場合~ | アニマルプロ株式会社

【お役立ち情報】熱中症~ワンちゃんの場合~

暑い日には要注意!!熱中症について

ワンちゃんの熱中症

 

連日の猛暑日で皆さん体調崩していないですか?💦

人間でさえ辛い日々・・・毛で覆われているペットたちにとってこの季節に気を付けなくてはいけないのが熱中症ですね。

 

今回はワンちゃんの熱中症についてお話しようと思います◎

ワンちゃんの体感温度は人とは違います。
地面に近付くほど温度は高くなるため、犬は私たちが体で感じている温度の5〜17℃も高い温度を感じていると言われています(*_*)

つまり、35℃の日だとすれば、犬たちにとっては40~52℃・・・
暑いの苦手な動物プロスタッフは考えただけで気分が悪くなります(;゚Д゚)
もう絶対外出しない・・・ってなります💦

 

太陽が出ている時間はアスファルトに直射日光が当たり地面の温度は60℃以上になる事も・・・(゚Д゚;)

 

そんな地面を歩かせては犬たちのパッド(肉球)は火傷してしまう可能性も出てきます。
そのため、多くの方は日中のお散歩は避けて早朝や日が沈んでから行っている人も多いのではないでしょうか💡

夏場の撮影でも同じです◎

日中の撮影はタレント犬への負担が大きいため、私たち動物プロスタッフも細心の注意を払います!
撮影の調整時にできるだけ気温の低い時間帯でできないか確認したり、撮影場所の地面の状態等もしっかり確認しています(`・ω・´)ゞ

 

ペットモデルがより安全・安心な状態で撮影ができるように最大限の事を行います。

また、飼い主さんが撮影で現場に連れて来るまでの間も、熱い路面を歩かせないようカートやキャリーバッグを利用することで直接地面を歩かせない対策もできます◎
カートやキャリーバッグの中に保冷効果のあるアイスジェルマットを敷けば、さらに快適に移動できます(^^♪

 

大型犬等の場合は車での移動をする方も多いと思います🚙
ワンちゃんを乗せる場所も気を付けてあげると良いですね♪
後部座席やラゲッジスペースにトラベルキャリーを乗せる場合はエアコンの風がちゃんと届いているか確認してあげると良いでしょう☺

直射日光が当たり続けないよう、サンシェードで日陰を作ったり、アイスジェルマットを敷く、水を入れて凍らせたペットボトルや保冷剤を入れておくなど快適な移動ができるよう車内にも配慮してあげることで熱中症にならないように予防ができますね!

タレント犬だからというわけではなく、全てのワンちゃんたちに言える事ですが、これからも暑い日が続くと思いますので、熱中症には気を付けないといけないですね!

 

これからも他とは違う動物プロダクションを目指します!

 

ペットモデル募集中!!

アニマルプロではペットモデルを募集しています!

皆さんのワンちゃん猫ちゃんもデビューできるかも!?

詳しくはこちらをクリック♪↓